お問合せ / 資料請求はこちら »

真空成形品 工業用トレー

工業用トレー

三光ライト工業は各種工業用トレーも製造いたします。弊社の工業用トレーは内容物を適切に保護する高機能トレーです。ここでは工業用トレーの特徴を解説するとともに別注品と汎用品の違いや工業用トレーの製造に使用される主な樹脂、成型工法などをご紹介します。

工業用トレーのお問合せ

工業用トレーの主な特長

工業用トレーの特徴はさまざまですが、製品を収納しやすいよう「仕切り」が設計されていたり、トレーを何段にもわたって積み重ねられる設計になっている点も特徴のひとつです。ここでは工業用トレーの特徴である「仕切り」や「積み重ね」について詳しく解説します。

  • 工業用トレー
  • 工業用トレー
  • 工業用トレー

仕切り

収納する内容物にもよりますが、工業用トレーの多くには「仕切り」が設計されています。仕切りの目的は文字通り、内容物と内容物とを隔てることです。仕切ることで内容物同士の接触による破損リスクが軽減されるほか、ひとつのトレーにどれだけの部品や製品が収納されているかが把握しやすくなり、数量や在庫管理の精度が高まります。仕切りの形状は内容物によって異なり、設計の際は内容物の形状やサイズをよく把握したうえで成形することが重要です。弊社は部品形状やサイズに最適な高品質の仕切りトレーを短納期でご提供します。

積み重ね

工業用トレーは少数ロットだけでなく大量ロットで製造された部品を収納する必要があります。その際、部品を収納した工業用トレーを効率的かつ省スペースで保管するには、積み重ねられるトレーでなくてはなりません。そのため多くの工業用トレーは積み重ねに対応した仕様となっています。また、多数のトレーを積み重ねた場合、トレーの段が倒れて内容物を破損するようなことがあってはなりません。そのため積み重ね対応の工業用トレーは、安定性も重視した設計が求められます。

別注工業用トレーと汎用(規格)トレーの違い

工業用トレーには別注で製造されるものと、既存の汎用トレー、いわゆる規格トレーがあります。別注トレーはオリジナルトレーとも呼ばれ、特定の内容物のために生産された専用トレーです。したがって汎用(規格)トレーよりも別注工業用トレーのほうが価格は高くなる傾向があります。ここでは別注の工業用トレーと汎用性の高い規格トレーの違いを解説します。

別注工業用トレー

別注工業用トレーはその名のとおり、別注品として製造されたトレーのことです。オリジナルトレーとも呼ばれ、収納する部品のためだけに作られた専用トレーともいえます。したがって内容物の部品形状に最適化されているため、部品を保護する性能は極めて高いうえ、収納作業は大幅に効率化されます。ただし、別注のオリジナル工業用トレーですので金型の製作費用や成形品の設計費用などが追加され、全体のコストは規格トレーと比べて高くなる傾向があります。その点、弊社は金型から成形品まで自社工場で一貫生産していますので、他社を上回るコストパフォーマンスで別注工業用トレーをご提供いたします。

汎用(規格)工業用トレー

汎用工業用トレーは、一定の規格で製造された汎用性の高い製品です。別注工業用トレーのようなオリジナルトレーではありませんので、内容物のためだけに特別に製造された専用トレーならではの保護機能などは有していませんが、安価でいつでも大量に確保できるといったメリットがあります。弊社は汎用性の高い規格工業用トレーも多数取り揃えていますのでぜひご相談ください。

工業用トレーで使用される主な樹脂

工業用トレーの製造に使用される樹脂は多岐にわたりますが、一例としてはポリプロピレン(PP)、ポリスチレン(PS)、ポリエチレンテレフタレート(PET)などがあります。ここではポリプロピレン(PP)、ポリスチレン(PS)、ポリエチレンテレフタレート(PET)それぞれの特性などをご紹介します。なお、非晶性ポリエチレンテレフタレート(A-PET)も工業用トレーの樹脂としてひんぱんに使用されますが、A-PETは結晶化させていないものを指します。

ポリプロピレン(PP)

ポリプロピレン(PP)は軽量で割れにくいうえ、耐熱性・耐薬品性が高いといった特長があります。また、絶縁性も高く静電気の発生リスクが軽減されることから、電子部品用工業用トレーの材質として広く使用されています。ほかにもポリプロピレンの耐熱性は約110度と、汎用プラスチック素材の中でも高い耐熱性を有します。あわせて食品衛生基準を満たしているため、電子部品だけでなく食品の包装にも最適です。また、割れにくいにも関わらず、折り曲げに対して非常に強いため、開閉が行われる工業用トレーの材料にも適しています。

ポリスチレン(PS)

ポリスチレン(PS)は絶縁性に優れるため工業用トレーの材料として、ポリプロピレンと並んでひんぱんに使用される素材です。ポリスチレンはスチロール樹脂とも呼ばれる汎用プラスチック素材です。このポリスチレンに気泡を含ませたものが発砲スチロールとなり、日常生活のあらゆる場面で活用されています。ポリスチレンは絶縁性のほかにも耐水・耐薬品性に優れており、工業用トレーとしてだけでなく食品包装材としても幅広く活用されています。また、ポリスチレンはリサイクルが可能な環境型のプラスチック材質です。

ポリエチレンテレフタラート(PET)

ポリエチレンテレフタレートは、飲料容器として知られるペットボトルのほか、フィルム・磁気テープの基材、フリースなど衣料用の繊維などに用いられています。有機薬品を長く保存できるだけでなく、気体や薬の性質に影響を受けにくいことから食品や薬品の工業用トレーの材質として知られます。またポリエチレンテレフタレートは透明性が高いため、工業用トレーの素材に使用した場合、内容物の視認性が高まるといったメリットがあります。あわせて耐熱性・耐寒性・透明性・絶縁性・耐摩耗性にも優れるほか、ポリスチレン同様、リサイクル可能であるためニーズが高まっています。

工業用トレーの成型工法

工業用トレーの主な成型工法としては真空成型や射出成型があります。どちらの成型方法にするかは用途や予算などによりますが、コストパフォーマンス重視であれば真空成形、精度を出すには射出成型が妥当です。ここでは工業用トレーを製造するうえでもっとも一般的な工法である真空成型と射出成型の技術的な特徴をご紹介します。また、真空成型と射出成型以外の工法である圧空成形についてもご案内します。

真空成型

圧空成形

真空成型は工業用トレーを製造するうえで一般的な工法です。熱可塑性樹脂シートを加熱し軟化させた上で、金型とシートの間の空気を真空にすることによって型にシートを密着させ、形状を作り出します。真空成型を用いた工業用トレーは多岐にわたり、光学製品用、電子部品用、精密機器用、車載部品用、食品用など、多業種、多業界で幅広く流通しています。なお真空成形で工業用トレーを製造する場合、「反転積み重ね」との言葉が聞かれますが、これは文字どおり、上段に積み重ねるトレーを180度回転させ、積み重ねていく方法です。その結果、真空成形トレー同士で荷重を支えるようになり、収納製品へのダメージを軽減させることができます。

射出成型

射出成形

射出成型も工業用トレーの製造工法としてひんぱんに活用される工法です。射出成型は一般的に真空成型よりもコストはかさみますが、その分、寸法の精度や全体の品質は真空成型を上回ります。そのため内容物によっては射出成型で成形される工業用トレーも数多くあります。弊社は射出成型、真空成型のいずれにおいても高度な技術を有しており、ご予算やご要望に応じてお客様のご期待を上回る工業用トレーを低価格でご提供いたします。

そのほかの成型工法

そのほかの工業用トレー成型工法としては、圧空成形があります。圧空成形は真空成形と同様、樹脂シートや樹脂フィルムを材料とし空気の圧力を利用する成形方法ですが、 真空成形よりも高い圧力で材料を金型に密着させることができるため、よりシャープな形状に成形することが可能です。また、空洞の工業用トレーを製造する場合は、ブロー成型が活用される場合もあります。ブロー成型は溶融樹脂の内側から空気を吹き込み、膨らませて成形することから「吹込み成形」や「中空成形」とも呼ばれる工法です。

工業用トレーの主な用途

工業用トレーの主な用途

工業用トレーの用途はさまざまですが、主な用途としては梱包、保管、搬送・輸送、出荷などがあります。ここでは梱包、保管、搬送・輸送、出荷それぞれの用途における工業用トレーの特徴などをご紹介します。三光ライト工業は、数量に関係なくこれらの用途以外の工業用トレーもご要望に応じて製造いたしますのでお気軽にご相談ください。

梱包

梱包は工業用トレーの主な用途のひとつです。製造された製品や部品を工業用トレーに梱包することで品質が確保されるだけでなく、数量や在庫管理の精度が向上します。製品の品質を保つためにも作業者には丁寧な梱包作業が求められます。梱包しやすい工業用トレーを使用することで梱包作業の質が大幅に向上しますので、製品の特性や形状に合った工業用トレーは極めて重要なアイテムといえます。

保管

一定期間にわたって製品を保管するうえで工業用トレーは欠かせません。仕切りなどが設計された工業用トレーは保管はもとより製品の品質を維持するためにも必要不可欠です。弊社は保管用途の規格工業用トレーはもとより、別注工業用トレーも製造いたしますのでお申し付けください。大量生産だけでなく小ロットにも柔軟に対応いたします。

搬送・輸送

搬送・輸送の際に生じる衝撃によって製品の品質が損なわれることがあります。最悪の場合、製品が破損してしまい、本来の機能が発揮できなくなったり、製品としての価値が皆無になってしまうケースもあります。そうした事態から大切な製品や商品を守るためにも、搬送や輸送の際には工業用トレーに収納して物流させることが肝要です。

出荷

製品や商品を工業用トレーに収納して出荷することで、相手方は倉庫や物流センターへの格納がスムーズになります。また、工業用トレーを使って出荷、納品することで納品数量の相違なども防ぐことができます。工業用トレーを使用しての出荷は、納品時のトラブル回避だけでなく、その後の保管、管理を効率化するとともに製品の品質管理向上に大きく貢献します。

工業用トレーに求められる機能

工業用トレーに求められる機能は内容物によって異なります。電子部品を収める場合は導電・帯電防止性(静電気対策)が求められる一方、精密機器や部品を収める際は緩衝性が最重視されます。ここでは工業用トレーの主な機能である導電・帯電防止性(静電気対策)や耐油性、緩衝性などについてそれぞれ解説します。

導電・帯電防止性(静電気対策)

電子部品を収納する工業用トレーの多くは導電・帯電防止性(静電気対策)が求められます。特に記録・記憶機能を備えたメモリー部品などは、わずかな静電気によって製品本来の機能が失われるケースがあるため、導電・帯電防止性(静電気対策)が最重要視されます。工業用トレーメーカーは静電気対策として材料に界面活性剤が練り込まれているシートを使用するなどして、表面抵抗値を軽減させています。

耐油性

耐油性もまた工業用トレーに求められる機能のひとつです。耐油性とは文字通り油分による影響の受けにくさを示すものですが、例えばエンジン部品は油分性が高く、ピストンやピストンリング、シリンダなどは耐油性の高い工業用トレーに収納する必要があります。あわせて耐油性トレーはオイルのまき散らしなどを防ぐ設計が求められます。

緩衝性

緩衝性は工業用トレーのみならず、あらゆるトレーに求められる基本的機能です。製品が破損するリスクは製品の輸送時や搬送時にもっとも高まります。外部から収納物にかかる衝撃は、場合によっては想定の範囲を超えるため、そうした衝撃をいかに和らげ、あるいは吸収できるかが工業用トレーに求められています。特に精密部品などの工業用トレーは緩衝性がもっとも重視される傾向にあります。

そのほかの機能

上記のほかにも工業用トレーには幅広い機能が求められます。薬品やケミカルによる影響から内容物を保護する耐薬品性、高温による形状変形を阻む耐熱性、直射や日光などによる劣化を防ぐ対候性なども工業用トレーに求められる機能といえます。このように工業用トレーには多用な機能が求められ、内容物の特性に適した機能をあわせもつトレーを選択することが製品保護の観点からも重要といえます。

工業用トレーの主な内容物

工業用トレーの主な内容物は多種多様ですが、一例をあげるとプラスチック製品、電子部品などがあります。ここではプラスチック製品や電子部品の工業用トレーの特徴などをご紹介します。また、プラスチック製品や電子部品以外にも工業用トレーに収納する内容物は無数にありますので、そのほかの内容物としてご紹介します。

プラスチック製品

プラスチック製品

各種プラスチック製品はひんぱんに工業用トレーに収納されます。プラスチックは極めて汎用性が高く、機械の筐体・機構部品、電子機器や小型機械、家電製品といった機械器具や部品類などにも使用され、工業用トレーに収納されて流通しています。石油由来のプラスチック製品は環境への悪影響が懸念されていますが、リサイクルにも対応しながらいまなお大量に生産されており、工業用トレーの主たる収納物となっています。

電子部品

電子部品

電子部品はその特性上、工業用トレーに収納されて保管、輸送・搬送、出荷されます。また、電子部品や記録媒体用工業用トレーは製品によっては前述のとおり、導電・帯電防止性(静電気対策)が必須です。同時に精密な電子部品は、搬送や輸送、荷物の積み下ろしなどの際に生じる外部からの衝撃を和らげたり、衝撃を吸収する仕様をともなった工業用トレーが必要となります。

その他の内容物

真空成形トレー

その他の工業用トレイの内容物としては化粧品や農業資材、医療用品、車載部品、雑貨などがあります。内容物によって工業用トレイの寸法や形状、サイズは異なりますので、弊社までお気軽にご相談ください。金型から成形品まで一貫生産の弊社であれば、別注のオリジナルトレイも短納期でご提供可能です。規格トレイであればさらなる短納期でお届けします。

工業用トレーは三光ライト工業にお任せください

三光ライト工業は各種工業用トレーを製造いたしておりますので、ぜひご相談ください。弊社は汎用性の高い規格トレーはもとより、別注のオリジナルトレーも対応可能で、受注後は金型から成形品まで国内自社工場で一貫生産するため短納期、低価格でご希望の工業用トレーをご提供いたします。大量生産はもとより、多品種小ロットや「1箱~2箱」あるいは「50枚」「100枚」「200枚」など、数量の多少にかかわらずお客様のご要望に応じて柔軟に対応させていただきます。ご連絡お待ちしています。

工業用トレー お問合せ
WEB会議対応。リモート会議、ZOOM、TEAMSなど
お問合せお問合せ